代表理事ご挨拶

旧東欧諸国は、社会主義国家の時代、各国が素晴らしい文化と歴史を有するにも係わらず、日本にその国々が詳しく紹介されることはほとんどありませんでした。なかでも、2019年に国交樹立80周年、国交回復60周年を迎えるブルガリアと日本は、大変友好的な関係を築いてきましたが、1990年の民主化以降も、その国情が知らされ人々の声がなかなか聞こえてこない残念な現状があります。しかし、このたび、その親日国ブルガリアの首都“ソフィア市”により、両国の親善と交流のため、市立公園の一万数千坪の一部約180坪(600㎡)をご提供していただくことになりました。

このご厚意に対して、当財団ではご提供いただく約180坪の敷地に、両国の文化と経済の交流を目的とした会館「日本センターきずな」を建設する計画を進めていくこととなりました。そして、その会館を基点として、旧東欧諸国との文化交流及び、日本の中小企業がヨーロッパ各地に進出するためのお手伝いが出来ればと願っています。

是非、多くの皆様方に関心をお持ち頂き、当財団へのご支援、ご協力を賜れますようお願い申し上げます。

The Japan Bulgaria Foundation Inc.
一般財団法人 日本ブルガリア交流協会
代表理事 猪谷 あき子